スモール・ジャイアンツとは

  コア・バリュー経営で
  スモール・ジャイアンツ
「小さくても偉大な会社」を目指す

smallgiants-p1

スモール・ジャイアンツとは「小さくても偉大な会社」 

スモール・ジャイアンツとは「小さくても偉大な会社」。規模の大きさ(売上や利益の拡大)を目指すのではなく、「従業員が活き活きと働ける最高の職場づくり」「お客様を喜ばせる優れた商品やサービスの提供」「地域社会とともに歩む姿勢」「唯一無二の企業文化の育成」などを最優先に実現すべきこととしている企業のことを指します。そして、それを実現するための経営基盤として、企業の「社会的存在意義(コア・パーパス)」と「中核となる価値観(コア・バリュー)」を定め、それらを社内の結束を強める求心力、社員の日々の行動の基準となる原則として活用しているのです。

スモール・ジャイアンツになるには

1.会社の存在意義を定める
会社はお金を儲けるために存在するのではありません。

もちろん、社会に必要とされる商品やサービスを提供し、地域の人々や従業員の生活を支えていくためには会社の持続性に気を配る必要はあります。

しかし、「売上」や「利益」を目的とする会社には所詮限界があります。

スモール・ジャイアンツは、「会社の究極的な存在目的」=「事業活動を通して社会にどんな価値を提供するのか」を明確に定め、会社の構成員が日々一丸となってその実現に取り組みます。

それゆえに、地域の人たちや顧客や社会にも愛され、応援される存在になるのです。

2.会社の中核となる価値観を定める
日々の行動や意思決定の基盤となる「価値観」を定め、従業員の大多数がそれに則って行動します。一貫性ある言動は顧客や世間の信頼を生み、また、社内で「大事なもの」が共有されていることから、結束の固い組織ができます。

3.目的や価値観を日々遂行するための制度や仕組みをつくる
「存在意義」も「価値観」も、ただ標語のように掲げただけでは実践にはつながりません。

会社運営の中で重要な活動(採用・人事評価・教育)や働く人ひとり一人の行動の中で、「価値観」がただの言葉に終わらず、「実践」につながるように、目的や価値観に基づく制度や仕組みをつくり、会社の皆でその実践を徹底していきます。

スモール・ジャイアンツの基本

会社の存在意義→中核となる価値観→制度、仕組み

スモール・ジャイアンツ・セミナー

日米のスモール・ジャイアンツの事例研究に基づき、「スモール・ジャイアンツになるには」を2時間~1日までの各種セミナー/ワークショップを通して指導しています。

また、過去には、スモール・ジャイアンツを目指す企業が集い情報・意見交換を行う「スモール・ジャイアンツ・サロン」や、米スモール・ジャイアンツを訪問して学ぶ米スモール・ジャイアンツ視察研修ツアーなども開催しています。