コア・バリューは会社の魂

コア・バリューとは
企業における中核的価値観

会社の皆で共有

コア・バリューとは何か?

コア・バリューとは「中核的価値観」。私たちは日々、「価値観」に基づき考え、行動しています。多くの場合、その「価値観」は意識されていないもので、あらゆる判断はまるで「自動的に」行われているように感じるかもしれませんが、無意識のうちに「価値観」を指標にして判断を下しているのです。

 個人にも、国家にも、あるいは家庭にも「価値観」がありますが、コア・バリュー経営では、「企業」という組織の構成員が共通して持っている、あるいは持っているべき価値観を定めようとします。そうすることによって、結束力の高い組織をつくることができます。

コア・バリューのメカニズム

毎日の生活の中で、いくつもの「意思決定の機会」に遭遇します。そのたびに、私たちが考えるのが「価値観」です。とはいえ、そんなに明確に目に見えるようなものでもありません。私たちが意思決定する時は、「価値観によるスクリーニング」を無意識のうちにしています。

 たとえば一週間のうちに休みが一日しかなかったとしましょう。その一日をどう過ごすか。友人からのパーティのお誘いと、自分の家で本を読んだりしてゆっくり過ごすことと、二つの選択肢があるとします。

 この人が「人とのつながり」を優先する人だとしたら、つまり、「人とのつながり」がコア・バリューだとしたなら、もちろん、「友人宅でのパーティ」に行くことを選ぶでしょうし、また、「学び」を重要視する人(「学び」をコア・バリューとして持つ人)は家で本を読んで過ごすことを選ぶかもしれません。

 会社もそれと同じで、「合理性」をコア・バリューに掲げる会社と、「顧客主義」を掲げる会社とでは対応がまるで違ってきます。

 もし仮に、ある顧客が返品期限の切れた商品を「使ったらいとも簡単に壊れてしまった」と持って帰ってきたら、「合理性」を何よりも重視する会社では、「すみません。あいにくですが、期限が切れてしまっているので返品は受け付けられません」というかもしれません。しかし、何よりも「顧客主義」であることを重んじる会社だったら、期限が切れていることは問題にもせずに、快く返品を受け付け、もしかしたら不良品のお詫びに商品券をくれるかもしれません。

 会社の中で皆が共有すべきコア・バリューを定めて、理想とする「企業文化」をつくることがコア・バリュー経営のねらいです。会社によってコア・バリューはまちまちですが、少ないところで三つ、多いところで10以上のコア・バリューを定め、コア・バリューに基づいて会社で働く人が日々考え、行動することを徹底しています。

 誰でも「好きな会社」「付き合って気持ちの良い会社」「感動を与えてくれる会社」から買いたい/ビジネスしたいと思っています。ものやサービスでは差別化が難しくなった時代に、「コア・バリュー経営」は企業が頭角を現し、お客様にとって特別な存在になるための第一歩なのです。

コア・バリュー 引用集

コア・バリューは企業の普遍の魂

コア・バリューは組織の本質を突き、決して変わることのない信条や価値観を指します。組織の「魂」とでもいうべきものであり、市場などの外的要因に左右されることはありません。未来企業は、市場の状況や、競争要因や、流行りの経営手法などに関係なく、自らが「これ」と信じるものを定義し、会社の全員で共有し、それに徹底的にこだわります。 (引用:未来企業は共に夢を見る- コア・バリュー経営-

ザッポスの10のコア・バリュー

〇サービスを通して、WOW(驚嘆)を届けよ
〇変化を受け容れ、その原動力となれ
〇楽しさとちょっと変わったことをクリエイトせよ
〇間違いを恐れず、創造的で、オープン・マインドであれ
〇成長と学びを追求せよ
〇コミュニケーションを通して、オープンで正直な人間関係を構築せよ
〇チーム・家族精神を育てよ
〇限りあるところからより大きな成果を生み出せ
〇情熱と強い意志を持て
〇謙虚であれ

(引用:未来企業は共に夢を見る- コア・バリュー経営-

万人を喜ばせるコア・バリューなんて存在しない

まず、従業員全員が同意するようにコア・バリューをつくることは不可能です。先に述べたように、トップやリーダーが、「どんな会社をつくりたいのか」という確固たるビジョンを打ち立てることが必要です。(中略)
コア・バリューを絞り込み、定義していく過程の中では、それに相容れぬものを感じて会社を辞める人もでてきます。でも、それはやむをえない犠牲と割り切って、「こうありたい」、「こうあるべき」というビジョンを貫かねばなりません。コア・バリューを明確に定義し、それに忠実に会社を経営すればするほど、コア・バリューを共有できない人は自ずと間引きされていくでしょう。最終的に、従業員全員が(あるいはそれに限りなく近い大多数の人たちが)コア・バリューを共有する組織ができあがります。それが目指すところです。 (引用:未来企業は共に夢を見る- コア・バリュー経営-

より良く生きるためのパーソナル・コア・バリュー

私たちは日々、いくつもの意思決定や選択をしますが、それらは多くの場合、無意識のうちに行われています。どんな企業にも価値観があり、文化があるように、誰もが価値観をもち、その人なりの「生き方」をしています。

自らの価値観を認識することで、価値観に則った意識的な行動や選択がしやすくなります。自らの使命を全うし、ぶれのない生き方をするための第一のステップになるということです。 (引用:未来企業は共に夢を見る- コア・バリュー経営-

コア・バリューの例

ザッポス

  1. サービスを通して、WOW(驚嘆)を届けよ
  2. 変化を受け容れ、その原動力となれ
  3. 楽しさと「ちょっと変わったこと」をクリエイトせよ
  4. 冒険心をもち、創造的で、オープン・マインドであれ
  5. 成長と学びを追求せよ
  6. コミュニケーションを通して正直でオープンなつながりを育め
  7. 前向きなチーム/家族精神を育め
  8. 限られたところから大きな成果を生み出せ
  9. 情熱と強い信念をもて
  10. 謙虚であれ

ウェグマンズ・フード・マーケッツ

思いやり:  すべての人が健康で満ち足りた生活を送れるよう気遣います。

高い水準:  ウェグマンズにとって「高い水準」は生き方です。すべてにおいて卓越を目指します。

世の中のためになることをする:  私たちがサービスを提供するすべてのコミュニティのより良い暮らしに貢献します。

尊重:  働く人一人ひとりを尊重し、その声に耳を傾けます。

エンパワーメント:  働く人一人ひとりに、仕事を働きやすく、そして顧客や会社のためになる改善ができるよう、自分で考え、判断し、行動する権限があります。

メソッド

メソッドの「ヘンさ」を維持する:   あえて「ヘン」であることに意義がある。また、楽しまなければ大きな成果を出すことはできない。

マクガイバーだったらどうするか?:   80年代の人気TV番組『冒険野郎マクガイバー』のように機略に富んだ「解決屋」であれ。どんな時でも「できない」を「できる」に変えよ。

模倣ではなく、革新せよ:   リスクを恐れず、とにかくやってみる。試行錯誤の中に、思いもよらない飛躍は生まれる。

協業、協業、また協業:   部門の垣根を越えた意見交換、コミュニケーション、助け合い。何事においてもオープンで肯定的な姿勢。

徹底的に気遣う:   同僚、顧客、取引先、環境…。対象は何であれ、徹底的に気遣う。常に利益よりも使命を優先する。