コア・パーパスとコア・バリュー

コアバリュー経営ワークショップ2_5-2016

本イベントは終了いたしました。

 

日時・場所

『コア・パーパスとコア・バリュー』
■ 大阪 2016年7月12日(火) 午前10時~午後5時
 会場: 中央会計セミナールーム
 大阪市中央区備後町3-6-2 大雅ビル3F

■ 東京 2016年7月15日(金) 午前10時~午後5時
 会場:株式会社TAM東京 コワーキングスペース
 東京都千代田区神田小川町3-28-9

+++++++++++

内容

〇講演『パワー・オブ・コア・バリュー ~ハイ・パフォーマンス・カンパニーをつくる~』(講師:コア・バリュー経営開発・提唱者、ダイナ・サーチ、インク代表 石塚しのぶ
〇ワークショップ(講師:ダイナ・サーチ、インク ミサコ・ローリツェン)
〇質疑応答およびディスカッション

 

コア・バリュー経営の成功・不成功を左右するコア・パーパスとコア・バリュー

コア・バリュー経営とは、会社で共有されるべき「コア・バリュー(中核となる価値観)」を定め、それに基づく「仕組み」を構築・運営することによって、日々、コア・バリューが実践され、会社のコア・パーパス(存在意義)が全うされることを目的としています。 コア・バリュー経営の土台となるのがコア・パーパスとコア・バリュー。コア・バリュー経営の成功・不成功は、コア・パーパスとコア・バリューの質によって決まる、といっても過言ではありません。 目先の事業や売上目標などに惑わされるのではなく、会社が「誰のため、そして何のために存在し」「何を重要と考えて」運営していくのかを明確に定めることが必要です。さらに、社長や役員が定めたものを従業員に「やらせる」のではなく、定義のプロセスに会社の皆を巻き込み、働く人の「心からの」賛同を得ることが、優れたコア・パーパス、コア・バリューを定めるうえでの決め手となります。

 

コア・パーパスとコア・バリューのつくりかたを徹底解説!

一日のワークショップでは、まず午前中のレクチャーで、コア・パーパスとコア・バリューの重要性や、会社組織だけでなくリーダーの人が自らの日々の生活に活かせる「コア・バリューのパワー」についてじっくり理解を深めます。 そして午後のワークショップでは、演習を通して、「どうやってコア・パーパス/コア・バリューを考えたらよいか」その思考プロセスを実践・体験します。 演習は、ワークショップに出席されるリーダーの皆さん個人の理解から、それをいかに社内のグループ・プロセスに活かしていくか、というところまで広げていくことを目的にデザインされています。コア・パーパス、コア・バリュー定義のアイデアをどのように創出していったらいいのか。社内でのワークショップをどのようにリードするのか。アイデアを引き出す質問にはどんなものがあるか。演習を通して実践的に学びます。 そして、社内・社外広報に使える「コア・バリュー文書」のつくり方を、日米の事例を踏まえて学んでいきます。コア・パーパス/コア・バリューの発案⇒社内広報のアイデアまでを一日でカバーする、コスト・パフォーマンスの高いワークショップになっています。

+++++++++++

■ 主催 一般社団法人コア・バリュー経営協会  
■ 運営 ダイナ・サーチ、インク  
■ セミナーお問合せ