コア・バリュー・リーダーシップ

corevalueleadership.largebanner_4-30-2019R

本の概要

「ネット・コマース」が到来した1990年代の終わりから、Web2.0、リーマンショック、モバイル、AIの到来など競争がますます熾烈化する波乱の時代を超えて、働く人や顧客の愛と情熱に支えられ圧倒的な市場優位性を築いてきた企業の共通項。それが、「コア・バリュー経営」です。
アメリカの企業経営の先端をいく奇跡のネット通販企業ザッポスの研究をはじめとし、名だたる先進企業の事例研究やフィールドスタディ、企業リーダーとの対話を通して学び、「コア・バリュー経営」を体系化し、提唱してきた著者が、先の見えない混沌の未来に向けて企業を繁栄に導くリーダーシップの在り方、「志と覚悟さえあれば誰にでもできる」リーダーシップ自己育成の方法を、豊富な企業事例を交えわかりやすく解説した一冊です。

 

第一部 混沌の時代

アメリカでは年に8,000店舗が閉店している・・・。そんな激動の市場において、働く人や顧客の心に訴える「存在意義(目的)」や「価値観」が企業経営においてなぜ重要視されるようになってきたのか。産業構造の創造的破壊を引き起こしている代表的な企業四社―アマゾン、エアビーアンドビー、ウーバー、フェイスブック―を挙げつつ解説する。

第二部 人間回帰のコア・バリュー経営

企業の独自性確立につながる「戦略的企業文化」の構築において、コア・パーパス(企業の社会的存在意義)やコア・バリュー(中核的価値観)のもつ重要性をザッポス(アメリカ)やヤッホーブルーイング(日本)などの企業事例を挙げて解説。

第三部 コア・バリュー経営のフレームワーク

リーダーシップのみならず働く人の「意識」を変えることにより、経営、そして組織を変革に導くコア・バリュー経営。それによって実現されるのは「人間性」と「健全性」に富む、「自律型」「参加型」の組織だ。アメリカで「規模」ではなく、「社会に貢献する偉大な会社になる」ことを目指し、逆説的な成長・繁栄を遂げるスモール・ジャイアンツ企業の事例を交えて解説。

第四部 コア・バリュー・リーダーシップ

混沌の時代に企業を繁栄に導く、コア・バリュー・リーダーになるためにはどういった考え方・あり方を学ぶべきか。「人生の目的」「日々生きるうえでの指針となるべき価値観」「未来の展望」を考える「自己の定義」をはじめとし、志と覚悟さえあれば誰でもできるコア・バリュー・リーダーシップ自己育成の方法を伝授する。

第五部 クリティカル・ファクター

トップ・リーダーに焦点をあて、経営・組織変革を成功に導くために必要不可欠な三つの要素について解説。

著者プロフィール

si

石塚しのぶ / Shinobu Ishizuka
Dyna-Search, Inc.代表、日米間ビジネス・コンサルタント

南カリフォルニア大学オペレーション・リサーチ学科修士課程修了。米国企業で経験を積んだのち、1982年に日米間のビジネス・コンサルティング会社、ダイナ・サーチ(Dyna-Search, Inc.)をカリフォルニア州ロサンゼルスに設立。米優良企業やビジネス・モデルの研究を通し、日本企業の革新を支援してきた。近年は、企業の長期的繁栄につながる戦略的な企業文化の育成をステップ・バイ・ステップで支援する経営革新手法、「コア・バリュー経営」を提唱。社員も顧客もハッピーで、生産性の高い会社を目指す志の高い経営者を対象に、コンサルティング・執筆・講演を積極的にこなしている。主な著書に、『アメリカで「小さいのに偉大だ! 」といわれる企業の、シンプルで強い戦略』(PHP研究所)、『ザッポスの奇跡改訂版~アマゾンが屈した史上最強の新経営戦略』(廣済堂出版)、『未来企業は共に夢を見る~コア・バリュー経営~』(東京図書出版)などがある。