幸せをはこぶカー用品の会社、サイバーストークさん 第一回

(2010. 11. 29)

皆さんこんにちは。ダイナ・サーチで、ザッポス・エクスペリエンス・セミナーの担当をしております、ミサコ・ローリツェンです。

さて、今日は、恐らく、日本一元気で、日本一真心のこもったカー用品の会社をご紹介します。
岐阜県恵那市に本社を構える、その名も「サイバーストーク」さんです!
サイバー=21世紀を代表するデジタル文化に貢献し
ストーク=「こうのとり」として幸せを運びたい
という熱い想いがこめられた社名です。

2010年5月にラスベガスで開催された第一回ザッポス・エクスペリエンス・セミナーに、
サイバーストークの中田社長と、運営最高責任者の熊澤さんが参加されたことがご縁でした。

ザッポス社内を見学される中田社長と熊澤さん

サイバーストークさんは、5月のザッポス・エクスペリエンス・セミナーに参加されて以来、
企業文化について、実に様々な取り組みを行っていらっしゃいます。
その行動力から読み取れるのは、まさに、「リーダーの覚悟」。
そして、社員の皆さんの会社に対する真摯な愛情です。

常日頃から、中田社長のツイートや社員の皆さんのブログ)を拝見させていただいているのですが、
「ザッポス・エクスペリエンス・コミュニティで是非紹介したい!」と、
ある日思い立ち、メールでの取材に応じていただきました。
(サイバーストーク内CLTの小林様、アンケートに答えてくださった横江様、そして、他にもご協力いただいた社員の皆様、ありがとうございました!)
紹介したいことが盛りだくさんですので、今日から何回かに分けて、サイバーストークさんのWOWストーリー!を綴ってみたいと思います。

5月のセミナーを終えて帰国され、まず着手されたことは、コア・バリューの制定だそうです。

社員の皆さんが、時には「夜通し話し合い」、全員が共感できる価値観として固められた18のコア・バリュー。

以下に引用しますので、ご覧ください。

C.S. Happiness
「今日も、日本にサイバーストークがあって良かったと、目の前の一人のお客様、メンバーが私たちの商品、活動を通して、喜びと感動を感じていただけたら、今日の私達の目的は達成です。」
• 家族・メンバーを想いやる!!
• 想いをカタチにして、喜びや感動を“和”かちWOW!!
• 情熱を絶やさず、深化する。
• 希望を与え、希望を持ちつづけよ!!
• 全ての人を好きになり、すべての人に好きになってもらう
• チャレンジすることでの失敗迷惑を恐れず、あきらめない
• 幸せを感じ、豊かな心の持ち主であれ
• 楽しむ事を忘れず、ワクワクを想像する
• 素直で謙虚であれ
• 限りあることを大切に最大限活用する
• 最大限の承認と賞賛を与えよ
• どんな時もありがとうが言える 笑顔を絶やさない
• ノリ良くコミュニケーションを楽しみ、信頼関係を構築する
• 大丈夫だよ!と気遣い助け合える行動をする
• 個性を活かし、個性を尊重する
• 心身ともに健康で自分を大切にする
• 損得よりも良心で判断せよ
• 人が幸せを感じた時に、自分も幸せを感じられる人であれ!!

サイバーストークさんのコア・バリュー紹介ページも是非ご覧になってください。
社員の皆さんの直筆で書かれたコア・バリューを見ることができます。
会社を支えている社員の皆さんの「人」を感じることができて、じんときます。
ちなみに、このコア・バリューは直筆ステッカーにもなっているんです。

どれをとっても素晴らしいコア・バリューですが、初めて見た時、私の心に特に響いたのは、

Ub|XZ~i[「全ての人を好きになり、すべての人に好きになってもらう」
「大丈夫だよ!と気遣い助け合える行動をする」
「損得よりも良心で判断せよ」

の三つです(ひとつだけ選ぼうと思ったのですが、どうしても決められなかったので・・・)。

「全ての人を好きになり、すべての人に好きになってもらう」というのは、やはり、人間関係の基本だと思うからです。
また、「損得よりも良心で判断せよ」というのは、昨今、そういうふうに考え、行動するビジネスは、ほんとうに少ないと思うからです。

そして、「大丈夫だよ!と気遣い助け合える行動をする」については、自分の身や自分の会社も振り返って、深く考えさせられました。
私の会社にも、「思いやり」というコア・バリューがあるのですが、
この「思いやり」を実践するのはなかなか難しい、ということを、常日頃から私も感じています。
例えば、同僚が病気だとか、何かトラブルを抱えているとか、
明らかにそういう「問題のある時だから」というのではなく、
普段から、お互いへの「思いやり」をもって行動するには、自分はどうあるべきなのか。
コミュニケーションひとつをとってみてもそうですよね。相手を心配させないように、相手にわかりやすく伝えるのが、「思いやり」。
「自分の仕事」に埋もれてあせっている時にも、利己的になるのではなくて、ちょっと立ち止まって同僚を思いやって、行動・言動する。

サイバーストークさんのコア・バリューをきっかけに、また改めて気を引き締めて、じっくり考えてみたいと思いました。

コア・バリューに関する取り組みについては、サイバーストークさんご自身のブログにも綴られていますので、是非読んでみてください!

今日のコアバリュー(トミー (2010年8月3日)

サイバーストーク<<C.S.HAPPINESS>>幸せをもたらすコウノトリ(ナベ) (2010年8月5日)

コアバリュー=Core Values=核心价值(ナベ) (2010年8月24日) 

ザッポスには「カルチャーへの階段」がありますが、サイバーストークさんには、「カルチャーの壁」があります!コア・バリューについて、社員の皆さんの自由な想いが綴られているのだとか・・・。

ザッポス・エクスペリエンス・コミュニティーに戻る

[PR]米国企業の企業文化・取り組みの事例にご興味のある方は、こちらへ→『未来企業は共に夢を見る~コア・バリュー経営~』『ザッポスの奇跡 改訂版』

Facebook